GERBについて

Made in Germany.Since 1908.Worldwide.

1908年以来、GERBは振動と固体音の制御に取り組んできました。当社は、以下の分野向けに、圧縮巻きバネ、粘性流体ダンパー(VISCO® ダンパー)、チューンドマスダンパー(TMD)、クローズドセルポリウレタン弾性ソリューション(NOVODAMP®)、スライディングベアリングを用いて適切な防振システムを設計および防振装置を供給しています。

当社のシステムは、長寿命、高信頼性、およびメンテナンスフリーの運用で知られています。

さらに、当社のサービスとコンサルティングも高い評価をいただいております。

GERBグループは一貫したサービスを提供しています。コンセプト段階からエンジニアリング部門での詳細設計、さらに多くの国の生産拠点での製造、そして世界中での防振システムの据付までをカバーします。

Christoph von Waldow

GERBの本社はベルリンにあります。GERBグループは、世界中に600人以上の従業員を擁し、多くの国に子会社が設立されています。

振動制御システムは、機械、鉄道および自然災害を起点とする負荷による損害を防いだり、軽減をします。

Dr. Peter Nawrotzki

機械化の時代の始まり、つまり産業革命の始まりとともに、騒音や振動から保護する必要性が明らかになりました。そのため、1908年、若いドイツ人エンジニアのウィリアム・ゲルプは、振動を引き起こす機械を弾性支持体の上に設置することにより、革新的なソリューションを開発しました。100年以上も前、彼によってGERBの歴史は始まりました。彼は、他の人が決して成功しないと思うアイデアに魅了されました。彼は、機械の振動から作業エリアと近隣を保護するためにスチールスプリングを採用することに取り組みました。

 

それ以来、GERBグループはこのアイデアを拡大し、多くの新しいアプリケーション分野で振動問題を解決してきました。

100年以上の実績を持つGERBのミッションは、快適性の向上、振動、固体音、そして自然災害からの損害を防ぐことです。

Christoph von Waldow

今日、発電所および金属成形プラントの機械や設備は、防振システムを採用し、基礎のサイズとコストの削減を実現させています。デリケートな測定および試験装置、さらには建物全体をパッシブ防振システムで支えることで、近くの機械、鉄道、および地震からの好ましくない振動から保護することができます。

 

さらに、劣悪な土壌条件により地盤沈下を引き起こす場合でも基礎を簡単に再調整することが可能です。

また、快適さに対する厳格な要求が設計を制限しない場合、建築家やエンジニアはより創造的な設計を行うことができます。GERBは建物、橋、さまざまな構造物の振動レベルを制御し、設計の自由度を高めることに取り組んでいます。

Dr. Peter Nawrotzki

GERBは、機械メーカー、エンジニア、建築家とともに、振動問題に対する新しいソリューションを継続的に開発するというビジョンを実現しています。

 

GERBには様々な工業製品や建築物に対してプロジェクトの大小にかかわらず素晴らしい適用実績があります。アプリケーションは、ニューヨークの高層ビルの上部に700 tのチューンドマスダンパーを吊るしたり、世界中の原子力発電所の蒸気ラインの振動抑制まで多岐にわたります。当社は、何百もの蒸気タービンの基礎だけでなく、世界最大のタービン、鍛造ハンマー、プレスの土木工事を請け負ってきました。ハンブルクのエルプフィルハーモニーなどのコンサート会場、レコーディングスタジオ、病院、研究所も、最高の振動防止機能の恩恵を受けている施設です。

 

さらに、クロスレールロンドン、東京の地下鉄、マイアミのブライトラインなどの多くの鉄道は、線路に数百kmに及ぶ防振対策がなされたので街並みをかつてないほど静かに横断することができます。

建物や軌道の新しいより厳格な基準を満たすには専門知識と経験が要求されます。今日、当社のグローバルネットワークと経験豊富なエンジニアは、世界中の都市でこれらの課題に取り組む準備ができています。

Dr. Peter Nawrotzki

革新的に考え、的確に開発し、確実に導入

GERBは、その国際的サービスに関してもよく知られています。創設者のウィリアム・ゲルブは、イノベーションが未来を守るための唯一の方法であることを知っていました。GERBは、古く確立されたテクノロジーのみに依存していません。

 

構造物に起因する振動や固体音に精通しているGERBのエンジニアは、新しい課題に取り組みます。鉄道の軌道、ボックスインボックス構造、テレビとレコーディングスタジオ、リサイタルとリハーサルルーム、ディスコ、フィットネスセンター、特殊な病室は、周囲の環境振動や騒音から保護されます。ドイツのベルリンにあるGERBの研究開発センターは、ドイツ国内外の評価の高い研究機関と提携しています。

 

今日、多くの国で行われたGERBのビジネスは、GERBの技術がいかに国際的に受け入れられているかを物語っています。

安全性と信頼性

振動低減は現代的で洗練された技術であるとともに持続可能な機器の安全性と信頼性という長年の問題に関するものです。蒸気タービン発電機用基礎に期待される寿命が30年を超える場合は、機械の基礎を慎重に設計および構築する必要があります。GERBは当初から基礎の耐用期間中、メンテナンスが容易で安全で信頼できるものでなければならないと考えてきました。機械のすべてのエレメントは運転中でも問題なく検査およびメンテナンスを行えます。

負荷がかかるすべてのスプリングはDIN規格に準拠して設計されており、寿命に制限はありません。さらに、高品質の腐食防止システムはGERBの品質原理の責任を果たします。

GERBを選ぶメリット

その他の情報

パンフレット:GERBアプリケーション分野

パンフレット:GERB会社プロフィール

振動制御の詳細はこちら

  振動制御に関する見識

  ブログ

GERBについて

Made in Germany.Since 1908.Worldwide.

1908年以来、GERBは振動と固体音の制御に取り組んできました。当社は、以下の分野向けに、圧縮巻きバネ、粘性流体ダンパー(VISCO® ダンパー)、チューンドマスダンパー(TMD)、クローズドセルポリウレタン弾性ソリューション(NOVODAMP®)、スライディングベアリングを用いて適切な防振システムを設計および防振装置を供給しています。

    製造業、 工業およびエネルギー    

  建築および建設   

 鉄道およびインフラ設備  

当社のシステムは、長寿命、高信頼性、およびメンテナンスフリーの運用で知られています。

さらに、当社のサービスとコンサルティングも高い評価をいただいております。

GERBグループは一貫したサービスを提供しています。エンジニアリング部門での設計とコンセプト作成から、多くの国にある生産拠点、そして世界中でのエレメントの設置までです。 

(クリストフ・ファン・ヴァルドフ)

GERBの本社はベルリンにあります。GERBグループは、世界中に600人以上の従業員を擁し、多くの国に子会社が設立されています。

振動制御システムは、機械、鉄道および自然災害を起点とする負荷による損害を防いだり、軽減をします。

(ペーター・ナフロツキー(Dr))

機械化の時代の始まり、つまり産業革命の始まりとともに、騒音や振動から保護する必要性が明らかになりました。そのため、1908年、若いドイツ人エンジニアのウィリアム・ゲルプは、振動を引き起こす機械を弾性支持体の上に設置することにより、革新的なソリューションを開発しました。100年以上も前、彼によってGERBの歴史は始まりました。彼は、他の人が決して成功しないと思うアイデアに魅了されました。彼は、機械の振動から作業エリアと近隣を保護するためにスチールスプリングを採用することに取り組みました。

 

それ以来、GERBグループはこのアイデアを拡大し、多くの新しいアプリケーション分野で振動問題を解決してきました。

100年以上の実績を持つGERBは、快適性を向上し、振動、固体音、
そして自然災害からの保護を提供します。

(クリストフ・ファン・ヴァルドフ)

今日、発電所および金属成形プラントの機械や設備は、防振システムを採用し、基礎のサイズとコストの削減を実現させています。デリケートな測定および試験装置、さらには建物全体をパッシブ防振システムで支えることで、近くの機械、鉄道、および地震からの好ましくない振動から保護することができます。

 

さらに、劣悪な土壌条件により地盤沈下を引き起こす場合でも基礎を簡単に再調整することが可能です。

GERBは、建物、橋、さまざまな構造物の振動レベルを制御するための技術ソリューションを開発そして導入し、設計の自由度を高めることに取り組んでいます。

Dr. Peter Nawrotzki

GERBは、機械メーカー、エンジニア、建築家とともに、振動問題に対する新しいソリューションを継続的に開発するというビジョンを実現しています。

 

GERBには様々な工業製品や建築物に対してプロジェクトの大小にかかわらず素晴らしい適用実績があります。アプリケーションは、ニューヨークの高層ビルの上部に700 tのチューンドマスダンパーを吊るしたり、世界中の原子力発電所の蒸気ラインの振動抑制まで多岐にわたります。当社は、何百もの蒸気タービンの基礎だけでなく、世界最大のタービン、鍛造ハンマー、プレスの土木工事を請け負ってきました。ハンブルクのエルプフィルハーモニーなどのコンサート会場、レコーディングスタジオ、病院、研究所も、最高の振動防止機能の恩恵を受けている施設です。

 

さらに、クロスレールロンドン、東京の地下鉄、マイアミのブライトラインなどの多くの鉄道は、線路に数百kmに及ぶ防振対策がなされたので街並みをかつてないほど静かに横断することができます。

近年、建築および鉄道軌道用アプリケーションで新しい要求事項が観察されています。今日では、当社はグローバルネットワークを展開しており、特に世界中の大都市でこれらの課題に直面した重要な経験があります。

Dr. Peter Nawrotzki

革新的に考え、的確に開発し、確実に導入

GERBは、その国際的サービスに関してもよく知られています。創設者のウィリアム・ゲルブは、イノベーションが未来を守るための唯一の方法であることを知っていました。GERBは、古く確立されたテクノロジーのみに依存していません。

 

構造物に起因する振動や固体音に精通しているGERBのエンジニアは、新しい課題に取り組みます。鉄道の軌道、ボックスインボックス構造、テレビとレコーディングスタジオ、リサイタルとリハーサルルーム、ディスコ、フィットネスセンター、特殊な病室は、周囲の環境振動や騒音から保護されます。ドイツのベルリンにあるGERBの研究開発センターは、ドイツ国内外の評価の高い研究機関と提携しています。

 

今日、多くの国で行われたGERBのビジネスは、GERBの技術がいかに国際的に受け入れられているかを物語っています。

安全性と信頼性

振動低減は現代的で洗練された技術であるとともに持続可能な機器の安全性と信頼性という長年の問題に関するものです。蒸気タービン発電機用基礎に期待される寿命が30年を超える場合は、機械の基礎を慎重に設計および構築する必要があります。GERBは当初から基礎の耐用期間中、メンテナンスが容易で安全で信頼できるものでなければならないと考えてきました。機械のすべてのエレメントは運転中でも問題なく検査およびメンテナンスを行えます。

負荷がかかるすべてのスプリングはDIN規格に準拠して設計されており、寿命に制限はありません。さらに、高品質の腐食防止システムはGERBの品質原理の責任を果たします。

GERBを選ぶメリット

その他の情報

パンフレット:GERBアプリケーション分野

パンフレット:GERB会社プロフィール

振動制御の詳細はこちら

振動制御に関する見識

  ブログ

GERBについて

Made in Germany. Since 1908.Worldwide.

1908年以来、GERBは振動と固体音の制御に取り組んできました。当社は、以下の分野向けに、圧縮巻きバネ、粘性流体ダンパー(VISCO® ダンパー)、チューンドマスダンパー(TMD)、クローズドセルポリウレタン弾性ソリューション(NOVODAMP®)、スライディングベアリングを用いて適切な防振システムを設計および防振装置を供給しています。

    製造業、工業およびエネルギー

  建築および建設

 鉄道およびインフラ設備 

当社のシステムは、長寿命、高信頼性、およびメンテナンスフリーの運用で知られています。

さらに、当社のサービスとコンサルティングも高い評価をいただいております。

GERBグループは一貫したサービスを提供しています。コンセプト段階からエンジニアリング部門での詳細設計、さらに多くの国の生産拠点での製造、そして世界中での防振システムの据付までをカバーします。

Christoph von Waldow

GERBの本社はベルリンにあります。GERBグループは、世界中に600人以上の従業員を擁し、多くの国に子会社が設立されています。

振動制御システムは、機械、鉄道および自然災害を起点とする負荷による損害を防いだり、軽減をします。

Dr. Peter Nawrotzki

機械化の時代の始まり、つまり産業革命の始まりとともに、騒音や振動から保護する必要性が明らかになりました。そのため、1908年、若いドイツ人エンジニアのウィリアム・ゲルプは、振動を引き起こす機械を弾性支持体の上に設置することにより、革新的なソリューションを開発しました。100年以上も前、彼によってGERBの歴史は始まりました。彼は、他の人が決して成功しないと思うアイデアに魅了されました。彼は、機械の振動から作業エリアと近隣を保護するためにスチールスプリングを採用することに取り組みました。

 

それ以来、GERBグループはこのアイデアを拡大し、多くの新しいアプリケーション分野で振動問題を解決してきました。

100年以上の実績を持つGERBは、快適性の向上、振動、固体音、そして自然災害からの損害を防ぐことです。

Christoph von Waldow

今日、発電所および金属成形プラントの機械や設備は、防振システムを採用し、基礎のサイズとコストの削減を実現させています。デリケートな測定および試験装置、さらには建物全体をパッシブ防振システムで支えることで、近くの機械、鉄道、および地震からの好ましくない振動から保護することができます。

 

さらに、劣悪な土壌条件により地盤沈下を引き起こす場合でも基礎を簡単に再調整することが可能です。

GERBは、建物、橋、さまざまな構造物の振動レベルを制御するための技術ソリューションを開発そして導入し、設計の自由度を高めることに取り組んでいます。

Dr. Peter Nawrotzki

GERBは、機械メーカー、エンジニア、建築家とともに、振動問題に対する新しいソリューションを継続的に開発するというビジョンを実現しています。

 

GERBには様々な工業製品や建築物に対してプロジェクトの大小にかかわらず素晴らしい適用実績があります。アプリケーションは、ニューヨークの高層ビルの上部に700 tのチューンドマスダンパーを吊るしたり、世界中の原子力発電所の蒸気ラインの振動抑制まで多岐にわたります。当社は、何百もの蒸気タービンの基礎だけでなく、世界最大のタービン、鍛造ハンマー、プレスの土木工事を請け負ってきました。ハンブルクのエルプフィルハーモニーなどのコンサート会場、レコーディングスタジオ、病院、研究所も、最高の振動防止機能の恩恵を受けている施設です。

 

さらに、クロスレールロンドン、東京の地下鉄、マイアミのブライトラインなどの多くの鉄道は、線路に数百kmに及ぶ防振対策がなされたので街並みをかつてないほど静かに横断することができます。

近年、建築および鉄道軌道用アプリケーションで新しい要求事項が観察されています。今日では、当社はグローバルネットワークを展開しており、特に世界中の大都市でこれらの課題に直面した重要な経験があります。 

Dr. Peter Nawrotzki

革新的に考え、的確に開発し、確実に導入

GERBは、その国際的サービスに関してもよく知られています。創設者のウィリアム・ゲルブは、イノベーションが未来を守るための唯一の方法であることを知っていました。GERBは、古く確立されたテクノロジーのみに依存していません。

 

構造物に起因する振動や固体音に精通しているGERBのエンジニアは、新しい課題に取り組みます。鉄道の軌道、ボックスインボックス構造、テレビとレコーディングスタジオ、リサイタルとリハーサルルーム、ディスコ、フィットネスセンター、特殊な病室は、周囲の環境振動や騒音から保護されます。ドイツのベルリンにあるGERBの研究開発センターは、ドイツ国内外の評価の高い研究機関と提携しています。

 

今日、多くの国で行われたGERBのビジネスは、GERBの技術がいかに国際的に受け入れられているかを物語っています。

安全性と信頼性

振動低減は現代的で洗練された技術であるとともに持続可能な機器の安全性と信頼性という長年の問題に関するものです。蒸気タービン発電機用基礎に期待される寿命が30年を超える場合は、機械の基礎を慎重に設計および構築する必要があります。GERBは当初から基礎の耐用期間中、メンテナンスが容易で安全で信頼できるものでなければならないと考えてきました。機械のすべてのエレメントは運転中でも問題なく検査およびメンテナンスを行えます。

負荷がかかるすべてのスプリングはDIN規格に準拠して設計されており、寿命に制限はありません。さらに、高品質の腐食防止システムはGERBの品質原理の責任を果たします。

GERBを選ぶメリット

その他の情報

パンフレット:GERBアプリケーション分野

パンフレット:GERB会社プロフィール

振動制御の詳細はこちら

振動制御に関する見識

ブログ

Scroll to Top