圧縮巻きバネ防振装置

GERBのスプリングエレメントによる安全性と信頼性

スプリングエレメントは圧縮巻きバネを使用し、プロジェクトごとに構造物からの荷重を安全にサポートするために使用されます。固有振動数は、スプリングの垂直方向と水平方向の弾性特性、永久荷重、支持構造物の形状に依存し、垂直方向に1〜5 Hz、水平方向に0.5〜3 Hzの範囲にあります。最も経済的な支持周波数は3〜3.5Hz程度です。

 

スプリングエレメントの特性を正確に選択することで、起振振動数と弾性支持に応じて、動的な力を低減することができます。アクティブな防振により機械の運転などによる環境への振動の影響を低減できます。パッシブな防振機能は、スプリングエレメントの上に支持されている物を保護します。このようにして、建物や繊細な機器を地上の振動から保護することが可能になります。スプリングエレメントは、外部または内部からの荷重がなければ動いたり振動したりせず、荷重支持システムは永久に安定したままとなっています。

 

スプリングエレメントの最も簡単なものは、上下の耐荷重板とその間に配置された圧縮コイルスプリングで構成されています。この構成は費用効果が高く、同時に高いパフォーマンスの可能性があります。いずれにしても、垂直方向の荷重変化は、組立中におけるたわみを引き起こします。この効果は、予備圧縮可能なエレメントを使用することで回避できます。これらのエレメントは、通常工場において指定された高さまたは設計された設置荷重まで油圧で予備圧縮され、事前圧縮ボルトでこの状態に保たれます。これは、建物や機械の基礎を構築する際に不可欠なプロセスです。

 

スプリングエレメントは、垂直荷重に応じて、1つ、複数個、または多数の個別のスプリングを使用して設計可能です。個々のスプリングの特性は、適用分野と必要な荷重または変位マージンに応じて選択する必要があります。必要に応じて、ダンパーが組み込まれたスプリングエレメントを使用されることもあります。

 

お客様のニーズに合うスプリングエレメントは、当社の専門スタッフがサポートすることで簡単に見つけることができます。ご遠慮なくお問い合わせください。

予備圧縮可能

予備圧縮可能、ダンパー付き

予備圧縮不可

予備圧縮不可、ダンパー付き

その他の情報

パンフレット:標準タイプのスプリングユニット

パンフレット:スプリングエレメント、オープンデザイン –
17 kNまでの荷重向け

アプリケーション分野

  製造業、工業およびエネルギー 

  建築および建設

  鉄道およびインフラ設備

ホーム   製品グループ  // 圧縮巻きバネ防振装置

 

圧縮巻きバネ防振装置

GERBのスプリングエレメントによる安全性と信頼性

スプリングエレメントは圧縮巻きバネを使用し、プロジェクトごとに構造物からの荷重を安全にサポートするために使用されます。固有振動数は、スプリングの垂直方向と水平方向の弾性特性、永久荷重、支持構造物の形状に依存し、垂直方向に1〜5 Hz、水平方向に0.5〜3 Hzの範囲にあります。最も経済的な支持周波数は3〜3.5Hz程度です。

 

スプリングエレメントの特性を正確に選択することで、起振振動数と弾性支持に応じて、動的な力を低減することができます。アクティブな防振により機械の運転などによる環境への振動の影響を低減できます。パッシブな防振機能は、スプリングエレメントの上に支持されている物を保護します。このようにして、建物や繊細な機器を地上の振動から保護することが可能になります。スプリングエレメントは、外部または内部からの荷重がなければ動いたり振動したりせず、荷重支持システムは永久に安定したままとなっています。

 

スプリングエレメントの最も簡単なものは、上下の耐荷重板とその間に配置された圧縮コイルスプリングで構成されています。この構成は費用効果が高く、同時に高いパフォーマンスの可能性があります。いずれにしても、垂直方向の荷重変化は、組立中におけるたわみを引き起こします。この効果は、予備圧縮可能なエレメントを使用することで回避できます。これらのエレメントは、通常工場において指定された高さまたは設計された設置荷重まで油圧で予備圧縮され、事前圧縮ボルトでこの状態に保たれます。これは、建物や機械の基礎を構築する際に不可欠なプロセスです。

 

スプリングエレメントは、垂直荷重に応じて、1つ、複数個、または多数の個別のスプリングを使用して設計可能です。個々のスプリングの特性は、適用分野と必要な荷重または変位マージンに応じて選択する必要があります。必要に応じて、ダンパーが組み込まれたスプリングエレメントを使用されることもあります。

 

お客様のニーズに合うスプリングエレメントは、当社の専門スタッフがサポートすることで簡単に見つけることができます。ご遠慮なくお問い合わせください。

予備圧縮可能

予備圧縮可能、ダンパー付き

予備圧縮不可

予備圧縮不可、ダンパー付き

その他の情報

パンフレット:標準タイプのスプリングユニット

パンフレット:スプリングエレメント、オープンデザイン –
17 kNまでの荷重向け

アプリケーション分野

    製造業、
      工業およびエネルギー    

  建築および
    建設   

  鉄道および
    インフラ設備  

ホーム   製品グループ  // 圧縮巻きバネ防振装置

圧縮巻きバネ防振装置

GERBのスプリングエレメントによる安全性と信頼性

スプリングエレメントは圧縮巻きバネを使用し、プロジェクトごとに構造物からの荷重を安全にサポートするために使用されます。固有振動数は、スプリングの垂直方向と水平方向の弾性特性、永久荷重、支持構造物の形状に依存し、垂直方向に1〜5 Hz、水平方向に0.5〜3 Hzの範囲にあります。最も経済的な支持周波数は3〜3.5Hz程度です。

 

スプリングエレメントの特性を正確に選択することで、起振振動数と弾性支持に応じて、動的な力を低減することができます。アクティブな防振により機械の運転などによる環境への振動の影響を低減できます。パッシブな防振機能は、スプリングエレメントの上に支持されている物を保護します。このようにして、建物や繊細な機器を地上の振動から保護することが可能になります。スプリングエレメントは、外部または内部からの荷重がなければ動いたり振動したりせず、荷重支持システムは永久に安定したままとなっています。

 

スプリングエレメントの最も簡単なものは、上下の耐荷重板とその間に配置された圧縮コイルスプリングで構成されています。この構成は費用効果が高く、同時に高いパフォーマンスの可能性があります。いずれにしても、垂直方向の荷重変化は、組立中におけるたわみを引き起こします。この効果は、予備圧縮可能なエレメントを使用することで回避できます。これらのエレメントは、通常工場において指定された高さまたは設計された設置荷重まで油圧で予備圧縮され、事前圧縮ボルトでこの状態に保たれます。これは、建物や機械の基礎を構築する際に不可欠なプロセスです。

 

スプリングエレメントは、垂直荷重に応じて、1つ、複数個、または多数の個別のスプリングを使用して設計可能です。個々のスプリングの特性は、適用分野と必要な荷重または変位マージンに応じて選択する必要があります。必要に応じて、ダンパーが組み込まれたスプリングエレメントを使用されることもあります。

 

お客様のニーズに合うスプリングエレメントは、当社の専門スタッフがサポートすることで簡単に見つけることができます。ご遠慮なくお問い合わせください。

予備圧縮可能

予備圧縮可能、ダンパー付き

予備圧縮不可

予備圧縮不可、ダンパー付き

その他の情報

パンフレット:標準タイプのスプリングユニット

パンフレット:スプリングエレメント、オープンデザイン –

17 kNまでの荷重向け

アプリケーション分野

製造業、工業およびエネルギー

建築および建設

鉄道およびインフラ設備

ホーム   製品グループ  // 圧縮巻きバネ防振装置

Scroll to Top